フットケア専門サロン
YUKARI'S(ユカリィーズ)



トップページ NEWS メニュー アクセス セラピスト紹介 リンク お問い合わせ
 

  セッションメニュー

アロマセラピーについて

5.精油を使用する上での注意点

安全に、効果的なアロマにつなげるために、以下を注意してアロマセラピーを行いましょう。

@精油は薬ではありません。

A100%天然の安全な精油を使用しましょう。

B保管場所と使用期限に気をつけましょう。原則として、開封したら約1年以内に使い切るといいでしょう(柑橘系は約6ヶ月)。温度の変化の少ない涼しいところで遮光保存。火気厳禁。

C精油は、ビンを振らずに自然に出てくるのを待ちましょう。

D精油を肌に塗布する際は、アレルギーテスト(パッチテスト)を行うと安全でしょう。(特に、アレルギー体質の方は)

E光毒性(光感作)のある精油はあるので注意しましょう。柑橘系の精油、アンジェリカなどが代表的です。光毒性(光感作)とは、精油の成分が紫外線に反応してかゆみや発赤などのアレルギー症状を起こし、シミを作りやすくしてしまうことをいいます。

F基本的に精油の原液を直接肌につけません。

G精油は濃縮されたものであり、適切な濃度に希釈し安全に用いましょう。

H精油は飲まない。

I精油を希釈したものであっても目に入らないようにしましょう。

J妊娠時には(特に妊娠初期)、注意して慎重に精油を選択しましょう。妊娠中に使用を控えたほうがよい精油もあります。

K乳幼児、子どもや高齢者には、使用を控えたほうがいい精油もあります。また、使用できる精油であっても濃度を低くしましょう。乳幼児、子どもや高齢者に用いるときは、安全のために専門家に相談されるといいでしょう。

L疾患によって使用してはいけない精油があるので、疾患を抱えている方に使用する場合は、専門家に相談するといいでしょう。

アロマセラピーについてのページに戻る








Copyright © 2008 YUKARI'S All rights reserved.
| トップページ | NEWS | メニュー | アクセス | セラピスト紹介 | リンク | お問い合わせ | アロマセラピー | リフレクソロジー | フットケア | by YUKARI'S