フットケア専門サロン
YUKARI'S(ユカリィーズ)



トップページ NEWS メニュー アクセス セラピスト紹介 リンク お問い合わせ
 

  セッションメニュー

フットケア(アロマフットケア)について

15.足のトラブルと姿勢

高齢者の足は、抱えている疾患や加齢に伴う体調不良などで、浮腫みやすかったり、かさかさ乾燥していたり、足の爪も厚く変形していたりと、さまざまなトラブルが生じているケースが多いですよね。

《高齢者の足と姿勢の特徴》
筋力やバランス能力が衰える
猫背で、膝が曲がる
すり足
関節が硬くなる
足の裏が不安定
足の感覚の衰え
など

これらの高齢者の足と姿勢の特徴を考慮すると、足先はもちろん体全体の血行がいいはずがないですよね。栄養や酸素などを体の必要なところに運び、老廃物を運ぶ血液は、脳や心臓など生きていく上で必要な体の部分を優先するでしょう。それに引き換え、足は、切断しても生きていける部分でもあります。生きていく上での優先順位を考えると、足は下位でしょう。ということは、逆を言えば、足の血行がいいということは、体全体の血行がいいことにつながると思われます。高齢者の場合、猫背で、膝も曲がってくる傾向にありますから、足先の血流以前に、背中や腰などの体幹部分の血行が思わしくないことが予想できますよね。つまり、体幹部分の血行がスムーズにならない限り、十分な足先の血行促進につながらないということになります。だから、高齢者は、特に、足先が血行不良になりやすく、足先にトラブルが発生しやすい傾向にあるわけです。

高齢者の場合、もちろん、直接的な足先のトラブルに対するアプローチも大切です。しかしながら、足だけにとらわれず、姿勢や歩き方など高齢者の全体を捉えて、どうして足の血行が思わしくないのかを診る視点も必要でしょう。それで、必要に応じて、足ではなく、たとえば、背中や腰などにアロマセラピートリートメントを行うことが、足の健康につながるでしょう。

フットケア(アロマフットケア)についてのページに戻る








Copyright © 2008 YUKARI'S All rights reserved.
| トップページ | NEWS | メニュー | アクセス | セラピスト紹介 | リンク | お問い合わせ | アロマセラピー | リフレクソロジー | フットケア | by YUKARI'S