フットケア専門サロン
YUKARI'S(ユカリィーズ)



トップページ NEWS メニュー アクセス セラピスト紹介 リンク お問い合わせ
 

  セッションメニュー

フットケア(アロマフットケア)について

17.アロマフットケアの実践方法

@老人性皮膚炎などの皮膚の乾燥によるかゆみ
使用する精油:ラベンダーもしくはローズウッド3滴、ティートリー2滴、カモミール・ジャーマン1滴
使用する基材:シアバター20g
方法:上記をブレンドし、患部に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:ラベンダーは鎮静作用や細胞活性作用があり、ローズウッドは組織再生作用があり、乾燥した肌に期待できます。痒いことで掻きすぎてひっかき傷を作るくらいなので、抗菌作用のあるティートリー、鎮掻痒作用のあるカモミール・ジャーマンを用います。

高齢者自身がセルフケアを行う場合にも、クリーム状なので使いやすいでしょう。
※注意すること:ブタクサアレルギーのある方は、カモミール・ジャーマンは使用しないこと。

A関節痛
使用する精油:ユーカリ・レモンもしくはペパーミント2滴、サイプレス2滴
使用する基材:シアバター10g
方法:上記をブレンドし、患部に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:関節痛に対して、痛みの軽減に鎮痛作用のあるユーカリ・レモンやペパーミントを用います。患部が冷えが痛みを増強することもあり、また、患部に水がたまり浮腫むこともあるため、うっ滞除去作用のあるサイプレスを用います。
注意すること:ペパーミントは、少量使用すること。多量に使用すると興奮したり、冷却作用によって体を冷やすこともあります。

B脳梗塞後遺症
使用する精油:柑橘系の精油3滴、サイプレス3滴、痛みを伴う場合、レモン・ユーカリもしくはペパーミント2滴
使用する基材:シアバター20g
方法:上記をブレンドし、患部に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:麻痺側は循環が思わしくなく、浮腫みや痛みなどが出現しやすいので、うっ滞除去作用のあるサイプレスや柑橘系の精油、鎮痛作用のあるレモン・ユーカリやペパーミントを用いる。
患部である麻痺側にアロマセラピートリートメントを行うことはもちろん、必ず、患部と左右対称の健側にも施術すること。片側だけアロマセラピートリートメントを行うと、バランスを崩してしまいます。施術は、健側から行い、循環を少しでも促進した上で、患側に施術を行うと効果的です。

注意すること:柑橘系の精油には光感作作用があるため、直接皮膚についたら直射日光に当たらないように。(しみになる可能性があります)ペパーミントは、少量使用すること。多量に使用すると興奮したり、冷却作用によって体を冷やすこともあります。

C足の浮腫やだるさ
使用する精油:サイプレス3滴、柑橘系の精油3滴
使用する基材:シアバター20g
方法:上記をブレンドし、おしりや腰、下肢に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:下肢(足)の浮腫みは、腰やおしりの循環が思わしくないことで生じやすいようです。そのため、足にアロマセラピートリートメントを行う前に、おしりや腰にアロマセラピートリートメントを行います。そして、足は、ふとももから膝、ふくらはぎ、足先の順番で行います。太ももに施術するときは、しっかりと足の付け根もアロマセラピートリートメントを行います。
精油は、うっ滞除去作用のあるサイプレスや柑橘系の精油を用います。

注意すること:柑橘系の精油には光感作作用があるため、直接皮膚についたら直射日光に当たらないように。(しみになる可能性があります)

D足先の冷えや皮膚色不良
使用する精油:サイプレス3滴、柑橘系の精油3滴
使用する基材:シアバター20g
方法:上記をブレンドし、おしりや腰、下肢に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:足先の冷えや皮膚色不良は、浮腫み同様腰やおしりの循環が思わしくないことで生じやすいようです。そのため、足にアロマセラピートリートメントを行う前に、おしりや腰にアロマセラピートリートメントを行います。そして、足は、ふとももから膝、ふくらはぎ、足先の順番で行います。太ももに施術するときは、しっかりと足の付け根もアロマセラピートリートメントを行います。
精油は、うっ滞除去作用のあるサイプレスや柑橘系の精油を用います。

上記、精油を使用し、天然塩などと混ぜて、お風呂のお湯に入れて、20分〜30分半身浴を行うといいでしょう。その時に、できるのであれば、足先でグー、パーなどの運動を行うと、さらに、効果的です。

注意すること:柑橘系の精油には光感作作用があるため、直接皮膚についたら直射日光に当たらないように。(しみになる可能性があります)

E巻き爪
使用する精油:ラベンダー2滴、ティートリー2滴、サイプレス2滴
使用する基材:シアバター10g
方法:上記をブレンドし、足の爪に塗布します。

ワンポイントアドバイス:ラベンダーは細胞活性作用があり、 正常な爪につなげます。爪が皮膚に入り込んで、炎症を起こす可能性があるため、抗菌作用のあるティートリーを用います。また、血行促進し、巻き爪の進行を妨げたいので、うっ滞除去作用のあるサイプレスを用います。

足爪を軟らかくし、正常化につなげるため、シアバターを使用します。
足の爪に塗布するときは、爪の生え際を丁寧にほぐすと、爪が伸びやすく、元気な爪につながりやすいです。

注意すること:特になし。

Fタコ(胼胝)・うおのめ
使用する精油:ラベンダー2滴、ティートリー2滴、サイプレスもしくはレモン2滴
使用する基材:シアバター10g
方法:上記をブレンドし、患部に塗布します。

ワンポイントアドバイス:ラベンダーは細胞活性作用があり、 正常な皮膚につなげます。タコやウオノメの部分は、イボなどに感染しやすいため、抗菌作用や抗ウイルス作用のあるティートリーを用います。また、血行促進につなげるため、うっ滞除去作用のあるサイプレスもしくはレモンを用います。

シアバターは、硬い角質であるタコやウオノメを軟らかくし、正常化につなげるといわれています。

注意すること:柑橘系の精油には光感作作用があるため、直接皮膚についたら直射日光に当たらないように。(しみになる可能性があります)

G尖足などの足先の関節拘縮
使用する精油:ユーカリ・レモンもしくはペパーミント2滴、サイプレス2滴
使用する基材:シアバター10g
方法:上記をブレンドし、患部に塗布あるいはアロマセラピートリートメントを行う。

ワンポイントアドバイス:関節拘縮に対して、関節可動域をアップするために筋肉などをほぐし、また、血行促進を図ります。そのため、関節の痛みの軽減に鎮痛作用のあるユーカリ・レモンやペパーミントやうっ滞除去作用のあるサイプレスを用います。 足先の細かい関節のストレッチやリハビリもいっしょに行うと、さらに、効果が期待できます。

注意すること:ペパーミントは、少量使用すること。多量に使用すると興奮したり、冷却作用によって体を冷やすこともあります。

H水虫
使用する精油:ラベンダー2滴、ティートリー2滴
方法:
【方法@】
天然のお塩5gくらいにティートリー2滴とラベンダー2滴入れて、混ぜ合わしたものを足浴するお湯(41度くらい)に入れ、よくかき混ぜて10分〜20分足浴を行う。
天然のお塩の代わりにアロマセラピー専用の拡散する入浴剤を使用しても可。

【方法A】
シアバター5g、ティートリー2滴、ラベンダー2滴をブレンドし、水虫部位の足爪や皮膚に1日数回薄く塗布する。

ワンポイントアドバイス:ラベンダーは、細胞活性化して皮膚を正常化につなげます。ティートリーは、抗菌作用があります。
注意:特になし。

フットケア(アロマフットケア)についてのページに戻る








Copyright © 2008 YUKARI'S All rights reserved.
| トップページ | NEWS | メニュー | アクセス | セラピスト紹介 | リンク | お問い合わせ | アロマセラピー | リフレクソロジー | フットケア | by YUKARI'S